ささめ雪 まくら月

akiduki.exblog.jp ブログトップ

日傘は必需品の旅~その1~

どうも。久しく書き込みました。ただいまです。
煌月は6/4~6にかけて松山にいってきました。京都駅八条口からバスに乗ること五時間。かなり疲れました・・けど途中で初めて「鳴門海峡の渦潮」を見ることができて嬉しかったです。

6日はつくと結構疲れたので、「たかの子温泉」行って疲れをとって早めに休みました。
7日はどこ行こうか迷ったけど、「高知」に行くことにしました。
ちょうど日曜だったので高知市の県庁前通に「日曜市」というものがあるらしく、それを見ることと、高知城を目的にいきました。愛媛と高知は隣り合わせの県にもかかわらず、高速バスで二時間半。遠かったです・・
まず高知に来たときの気持ちは日差しが痛い!そして街路樹がヤシ!もう南国。私は高知に着くと真っ先に目指したものは、もちろん「高知城」!!私は「功名が辻(著者:司馬遼太郎)」を読んでから、行きたくて行きたくてしょうがなかったから、行けて嬉しかったなーv vふふふ。これで、四国で大きなお城でまだ攻略してないのは「徳島城」だけや。
d0050167_065142.jpg
高知城を見た後、帰りのバスまで時間があったから、桂浜へいきました。海というものが身近にない私にとって、桂浜に感動させられました。桂浜は太平洋なので、なんと海の水の美しいこと!!瀬戸内海や日本海は全然違う!黒潮の海から打ち寄せる白波のとても澄んでました。思わずそんな風景に魅せられて「われは海の子 白波の~♪」と歌ってしまいました(笑)
d0050167_073924.jpg





結局、高知では高知城と桂浜しか行ってないけど(路面電車で「桟橋」に行くと桟橋があるのかと思いきや、ただの住宅地だった)、充実してたなー。今度は時間がなくて行けなかった「牧野植物園」に行きたいな(^ー^)牧野富太郎さんはすごい人です。
小学校を二年で退学してから、自然を師として独学で植物を研究して、東大植物研究室で植物の分類に打ち込み、日本の植物学を世界のレベルまでに引き上げる業績を次々残しました。

今度高知に来るときこそ・・・
[PR]
by snowdrop-fullmoon | 2005-06-07 00:00 |
line

名前:煌月 


by snowdrop-fullmoon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31