ささめ雪 まくら月

akiduki.exblog.jp ブログトップ

いざ、近江へ

 今日は昨年の夏の地元学でいった針江に、夕方は一昨年にいった海津へ行きました。
針江という場所は水が豊富でほとんどの家にカバタといわれるものがあります。(ここ参照:地元学~針江~)
今回はそのカバタを本格的なツアーにするための体験をしてきました。 針江ってどこ?って思われる方がおられりと思いますが、滋賀県の湖西にある高島市(旧新旭町にある集落の一つです)。私も今日行って知ったのですが、吉永小百合のCMしているアクオスの梅花藻の映像はご存知でしょうか?(私も何度か見た気が・・)その梅花藻はこの針江のものらしいです。(それを聞いて心理的に近くなった)針江の溝はほとんどが湧き水でどこでも梅花藻が生えています。
 今日は夏ではいけなかったカバタを行ったり、針江の湿地帯を見に行きました。
私も針江の湿地帯は以前NHKの映像(撮影:今森光彦さん)で見たことあったんですが、それを目の前にするととても感動しました。たまに、琵琶湖に来る機会があるんですが、護岸は大体どこもコンクリートで固められているもしくはちょっとだけ砂浜みたいな感じなんですが、針江の湿地は全然違う!説明を聞きながら、魚の様子や鳥の様子も観察していたんですが、その風景を見ながら音を観察しているとなんだか癒されました。この風景を目にすると昔の琵琶湖とともに生きる近江の人の生活を感じることができました。あー、もう一回見たかった・・。
d0050167_22531964.jpg


 今回の針江に行って分かっったのはカバタツアーをすることで、悪い人(案内なく勝手に生活の一部であるカバタを見に行く、泥棒する下見、子どもを誘拐)が紛れ込んでいるんじゃないのかという不安が住民の心の隅にあるということが分かりました。針江はカバタを地域の活性化につなげようとする「委員会」の方が中心になって、住民の方にももっと知ってもらうという動きになっているので、とってもいい感じになってきているのですが、やはり、地域の安全は大切です。
どうしたらいいんでしょうか・・。自分勝手に動く人には帰っていただいているそうですが、ツアーにこられた方の中に泥棒が紛れ込んでいる可能性がないことない。私の中ではやっぱり住民の方がお互いに挨拶みたいな感じで言葉を交わすことかな、とおもっているんやけど・・。
 昼食では梅花藻のおもちをしゃぶしゃぶにしていただきました。これがおいしい!このもちには他にも唐辛子やお茶もあって、どれもおいしい。私はたくさん食べてしまいました。あと、赤米にお漬物(忘れた)に鳥。夏来たときはカバタの水でそうめん流し。それにカバタを巡っていたときにどこの家でも「マクワがよう冷えとるから食べていき」といわれ、食べました。やはり今回も食べ過ぎました。というか、おいしんです。(特にお米w)やっぱり水がおいしいからやと思う。

 夕方からは海津で開かれていたワークショップ展示の撤収にいったんやけど、まだ見たいという方がおられたので、撤収はせ海津大崎の桜を見てきました。桜のピンクと琵琶湖の蒼と空の青。霞んでいるけど琵琶湖の岸に並ぶ石垣。とってもきれいでした。きれい過ぎて的確な表現がないです。私、これ見たとき感動しまいした。あーそら、ここに人も集まるわ・・って。
 今日はなんだかとっても楽しい一日でした。
今度こそは針江で藻狩りしたいな。あと、針江から海津まで、お舟に乗りたいな♪(酔い止め飲んで!)
d0050167_22543497.jpg←ワークショップの様子
d0050167_2255732.jpg

[PR]
by snowdrop-fullmoon | 2006-04-16 22:27 | 日記
line

名前:煌月 


by snowdrop-fullmoon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31