ささめ雪 まくら月

akiduki.exblog.jp ブログトップ

マラウイ報告(4)庶民の台所

 まだ、時差ぼけが治らない煌月です。
今日はマラウイの市場で見た風景をとりあげたいとおもいます。

 私が市場に行って驚いたのは、日本よりきれいに並んでいると言うことでした。
日本の店って、「商品がきれいにパッケージ」に入ってるけど、ここの商品はそのまま素でおいてあるけど、やけに美しく並んでいるのです。
 例えば・・・首都リロンゲで見たチャンボ(魚)さん。
d0050167_11493165.jpg

一山5匹ごとに売ってるのですが、美しく棚に並んでます。しかも几帳面にも魚の山ごとに底上げされてます。嘉田ママ曰く「去年までそんなことしてなかった」だそうです。これも少しでも多く見せるためなのです。
 あと野菜とかもきれいに並んでます。
d0050167_11522633.jpg

市場のどこの店を見ても、トマトは五つ一組でタワーにされています(一段目が三つその上に2つずつ器用に乗せてあります)私が村に行く途中で見つけたトマトやさん。個々なんか奥から手前にかけて、トマトの熟した順番にグラデーションに並んでます。商品を美しく見せるためにきれいに並べるマラウイ人に感激でした。

 あと、マラウイ人はとっても商売たくましいです。私達一行が市場で食料を見てるとすぐに商品を持ってきて「どう?どう?」と言ってきます。嘉田ママはすぐに「マダム!マダム!」といって人々が必死に自分の商品のアピールをしてきます。私も横で見てたら「シスター!シスター!」といってたかられます(どういうわけか、メンバーの中で私が一番たかられました;)時には「マダム」とも言われました。そんなときは「私はマダムじゃないよ~。」といって逃げます(笑)
 そんな商売魂たくましいマラウイ人。生活が苦しいと言うのもあるのですが、変な場面に出会いました。「このココナッツ一つ20クワッチャ(お金の単位)でどう?」と子どもが来ました。私は「いらないよ」と言いました。すると、「三つで100クワッチャでどう?」っていってきました。
ってか値上がりしてませんか?
そんなこともしばしばあるようです。
 これはチテンジェ(マラウイの伝統的服装である腰巻)を買いに行ったときのこと・・・
店員:マダム!(マダムじゃないって;)このチテンジェどう?
煌月:これいくら?
店員:一枚450クワッチャだよ。
煌月:三枚でいくら?
店員:一枚450クワッチャだよ!

私は疲れていて頭が回っていなくて掛け算ができませんでした。店の人もどうやら掛け算ができないみたいです・・・(゜△゜;)隣の店の店員がが掛け算してくれました。

 マラウイっていろんな意味で楽しいです。ホントにここの人たちの商売魂はすごいです。
[PR]
by snowdrop-fullmoon | 2005-09-23 12:08 |
line

名前:煌月 


by snowdrop-fullmoon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31