ささめ雪 まくら月

akiduki.exblog.jp ブログトップ

祇園祭

d0050167_1085877.jpg
 おととい、四条を歩いていたら、鉾建てました。そのために四条はいつも以上に大混雑!
この山鉾を見ると本格的なを感じますねー(^ー^)
この鉾は四条烏丸西入に建ってた「函谷鉾」です。 

 ではでは、久しぶりに京都について語ってみましょう。
 
「祇園祭」って宵山の祇園囃子と粽売り、次の日の山鉾巡行の交差点の辻回しっていうイメージが大きくないですか?実はアレは一ヶ月に及ぶ祇園祭のほんの一部でしかないのです。山鉾は街を清めるという役割でメインではないのです。メインは八坂神社から出発する3基の神輿です。
 祇園祭はまずは7/1の吉符入から始まります。これは神事始めのことで、祭の打ち合わせと一ヶ月の無事を祈ります。そして、最後は7/31に八坂神社の疫神社で大茅環を設けて夏越祓が行われます。間にいろんなことがありますが、省略するので、気になる人は京都検定の公式テキストのp.183~をご参照ください。 
 そもそも、祇園祭と言うのは京都のトイレ事情と深い関係があります平安時代の人はウンコを道でしていたようです(室内はおまる)。そのため、都中にウンチが散乱していて、そこから病気が発生したみたいです。その衛生状態から病気が広がったなんて知らない平安時代の人は神の祟り(疫病)と勘違いして、神輿をたついで神泉苑で疫病退散の神事を行ったことが始まりだそうです。最初は疫病が流行したときだけでしたが、970年から毎年行われるようになりました。
 最初は手捧げるような鉾も南北朝時代には鉾車だ出てきて、室町時代には現在の形に近いようなものになりました。
       参考:京都・観光文化検定試験 公式テキストブック

[PR]
by snowdrop-fullmoon | 2005-07-14 10:20 | 京都
line

名前:煌月 


by snowdrop-fullmoon
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30